彼はとても優しくワタシの知らないことをいっぱい教えてくれました。恥ずかしかったけどちょっと成長できましたww

鼻歌を歌って道を歩いていたら、
見知らぬ男性に声をかけられました。
彼はその歌を歌ってくれて、私たちはすぐに打ち解けました。
歳はずいぶん上だけど、とてもやさしく接してくれる彼
ワタシはだんだんこの男性に惹かれていきました。
ある日ワタシのパンツの中が見たいというので、
恥ずかしかったけど見せてあげました。
そしたら彼の大きなモノが入ってきて、
ワタシは処女を奪われてしまいました。
今は彼はどこでどうしているのかわかりませんが、
良い思い出をありがとうと言いたいです。