私も観音小説を書きたいんですけど、どうしてもオチンチンの描写が分からなくてw

年下の幼馴染の女の子が家にやって来て2年ぶりに会ったんだが、今日はどうしたんだい?と聞くと、いきなり私におチンポ見せて下さい!と言い出すではないかw
事情がよく分からない男は女の子から話を聞くと、どうやら女の子は観音小説にはまってしまったみたいw
そこで観音小説の編集をやってる男に頼みに来たらしい!
一応原稿もあると言って見せてもらったんだが、やっぱりチンコの描写だけいまいちw
必死にお願いしてくるもんだから仕方なくチンコを見せてやったw
嬉しそうにチンコをい詰める女の子は更に舐めてもいい?と聞きだすw
好きにしていいよと言うと夢中でチンコ咥えだすではないかw
しかもフェラがめちゃくちゃ上手w
観音小説を呼んで練習したらしいw