ピアノの調律はほどほどに、あまり経験が無いお嬢様の調律をしっかりとしなければww

ピアノの調律の依頼を受けやってきたわけですが、
見た事もない豪邸、見た事もないきれいなお嬢様。
こんな違う世界があったのかとびっくり。
で、お嬢様だけでご両親はお出かけとの事でしたwww
はっきり言ってお嬢様のことが気になって調律うまくできません。
もう二人きりでガマンできないのでお嬢様を無理矢理調律することにしましたww
ピアノ線を乳首に巻きつけたら、イヤとはいいながらまんざらでもなさそうなので、
思い切り中田氏させていただきましたw
後日速攻でお嬢様から再依頼のお電話。ピアノは大丈夫のはずなのに。
なるほど今回はお嬢様の調律だけですねww