「気の弱い義父に私を襲う度胸なんて無いわよ」とか思ったら終わりです。オッサンの性欲ナめたらだめですよww

ダンナの父親と少しの間同居することになってしまいました。
まぁ最初はすぐに出て行くしと思っていたけど、
義父が隣の部屋にいるせいでダンナと夜の営みができなくてちょっと溜まり気味。
義父に早く家を出て行ってもらおうとセクシーな格好で誘惑することにしました。
「気の弱い義父だからちょっと痴漢するぐらいだろう」
「もし私にエッチなことしたらそれをダンナに伝えて追い出してもらおう」
「そしたらダンナに毎晩挿れてもらおう」
と考え毎日義父をセクシーな格好で誘惑したら
なんと想像を超えて思い切り挿入されてしまいました。
確かに挿れられるのはそのチンコではないですねww